ついに見つけた!

お久しぶりです!大佐です!

まず音沙汰が途絶えていたお詫びを、
させてください。


すいませんでしたぁあああ!!


そして音沙汰が途絶えていた理由なのですが、
大きく2つあります。

まず1つ、「社会から弾かれてしまうような障がい」をもつ人でも「生計を立てられる方法を探す」

2つ、「なんとか雇用されても戴ける給料の額が思ってたより少なかったり、通院費や薬代であっという間になくなる。」という方でも、「お金に困らないようにするか、職場環境に困らないようにするかの1つに絞る事が出来るまでにする方法を探す」

という2つに視点を当ててネットで探し回っていたからです。

結論から言いますと、「お金の面」ならどうにかなるかもしれないと思います。

まずこの段階で皆さんは怪しんでると思うんです。
いや、それが普通の人の反応なんですけど(^_^;)

ただ、facebookを使って調べたので、
『私』も『相手』も【実名】なんですよね。

怪しげなこと言ってる人に直接メッセージで聞きました。

「俺はてんかんを患ってて、会社にも行けんことがあるんですが、あなたが言っている方法ってどういう風に稼げるんですか?」

と問い詰める感じで沢山の人にメッセージを送りつけました。

なんでここまでしているかといいますと、

「結局、世の中って健康な奴が有利な仕組み」
になっている。
と気付いてしまったからなんですよ。

そして私はいつだかの記事で言いましたよね、


てんかんを布教する!!」と。


私達はある事例を知っています。


『有名人が病気になるとその病気の認知度は跳ね上がる』


と言うことを。
小林麻央さんや、北斗晶さんがそうでしょう?

勇気を出して公表してくださったからこそ、
『ガン』に対しての意識は高まった。

しかしそれは「ネームバリュー」あってこそなのです。

では、「てんかん」はどうなのでしょうかね?
Googleで検索をかけたところ、

てんかんを患う日本の有名人はいらっしゃらない」

という結果でした。
その結果を見て私は思いました、

「隠しているな」と。

私が約12年間もの間、隠し続けた様に、

「その人達」も「周りの人」も「隠している」

そう言うことなのでしょう。
ではこの話が最初の話の何処に繋がるかと言いますと……


「自分が有名人になって、てんかんだと公表すればいい」


と思い付いたわけです。
そして、最初の「生計を立てられる方法」と、
「お金と職場環境の面どちらかに集中する方法」 ですが、


極論を言うと、『お金を稼いでしまった方が精神的にも肉体的にも、家計も楽です。』


じゃあどうやって稼ぐのか?
と言うところですよね……。

私も「てんかん」を患っている身であるので、
おいそれと転職が出来るわけでも無いです。

では、仮にスマホ1つで安定的に収入を得る方法が有るとしたらどうですか?

怪しいでしょう?

その反面魅力的でしょう?

実際にありましたよ。
その名も『LINE@ATMシステム』

胡散臭すぎて笑えるんですがねww
仕組みを教えてもらったら割りとシンプルでした。

ただLINE@に
シェアする『だけ』で大体48,000円の報酬。
そして継続報酬、さらに拡大。
そのすべてを享受することが可能な案件なのだそうで。

ただ、それが凄いのかどうなのかはあんまりよくわかってない大佐です。

ざっくり言えばスマホで金が稼げるってことですな。

んで、なんでそれを皆に教えたかと言うと、
皆が豊かになれば→強制的に内需(国内での消費)が高まる→すると商品を提供する企業は潤う→すると従業員の給料→ボーナスアップ!

というわけですね。
つまりバブルの時と同じスパイラルが望めるわけ。

まぁ弾けるけどねw

大体こんな感じかな!
LINE@ATMシステムに興味があったら個人的に声かけてね。
サポートするから。

最後まで読んでくださってありがとうございました‼
またね!!

広告を非表示にする