結構むずかしい・・・

どうもー(/・ω・)/大佐です。

抑うつ状態」と診断されてから、地元の心療内科で診察を受けたところ、

 

やっぱり『抑うつ』だと・・・

 

いやね、私自身、鬱になる奴はたいてい甘えとる」

と思って生きていた人間なんですよ(;´・ω・)

そんな奴が『ハイ、うつになりましたー_(:3 」∠)_ 』

ってそれどうなんですかね・・・。

まぁ私はそのうち消えるので、ご心配なく。

 

前置きが長くなりましたが、今回のテーマは、

てんかんの布教って案外難しい・・・」

ってとこです。

 

なんで難しいかと言うと、TwitterFacebook、インスタグラム等々、

私達が日常的に使用しているSNSは、

「よく見る年代」と「あんまり見ない年代」と「最早存在も知らない年代」もいる。

というわけです。

 

Twitterやインスタグラムは、「10代~20代」が使用している率が高いそうです。

Facebookは「30代~40代」が隙間時間に閲覧している事が多いらしいです。

 

んで、ずっとTwitterでブログ拡散してた大佐ですが・・・

 

「世の中の物事を動かしている大人に働きかけないと意味なくね?」

 

と思い立ったわけですね・・・。

 

うーん・・・Facebookでもブログ拡散しようかなぁ・・・。

どうしようかね、てんかんは多くの人に知ってほしいし・・・。

 

ぶっちゃけ「俺一人じゃ拡散力ねぇべ・・・(´・ω・`)」←これが本音

まぁそこは何とかなるでしょう!行き当たりばったりでもいいんじゃねw

 

今回はここまで!最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

 

 

はい、出落ち

大佐です。
お久しぶり過ぎて、

「誰やお前」

とか言われたらどうしようとか思ってます。

何故投稿が滞ったのかというと、

「現在進行形で心が病んでいる」

そうです。

そんな大佐にも使命というか最早野望に近いものがあります。

それは、

てんかんを含む、見えない障害を世に広め、理解してもらう。」

これです。

俺は「てんかん患者」として、同じ病気で悩む人達と一緒にステップアップしていきたいと最初の頃思っていたはずだったのです!

だから!!

まずは、俺達と同じ悩みを抱える人と繋がる事にした!!
ずっと怖かった!
LINE@ とか教えるのは怖くて仕方なかった!

けど!!

ここでビビってたら「てんかんへの理解」なんてしてもらえない!!

だから、みんなに俺のLINE@を教えます。

以下のリンクをクリックすると友達追加出来るから!

https://line.me/R/ti/p/%40zbr5475b

そして、何よりも言いたい!

俺達は「幸せ」になる権利があるはずだ!!

だから!幸せを掴みにいこう!!

【悲報】俺氏鬱になる

お久しぶりでございます。大佐です。

まず心の底からお詫びの言葉を言わせてください。

大変申し訳ありませんでした。

前々から体調を崩したりすることが多かったのですが、完全にダウンしてしまったり、

ついこの間、てんかん病院の方に入院して参りました。
術後一年の定期検査の入院です。

検査の結果は問題無し、発作も無し、脳波も安定している。
とのことでした。

が!!

メンタル面がボロボロでした。

カウンセリングを受けたところ、
抑うつ状態」
とのことでした。

そうなってしまった原因は自分に有ると分かっています。
これから心療内科の病院を探して通院し、会社を休むのか気合いで頑張るのか、その方向を決めていくところです。

久しぶりに投稿をしたと思えば鬱になったのかよ。
と思って落胆された方々が大勢かと思います。

私自身、よもや自分が「抑うつ状態」になっているなんておもってもいませんでした。

ただ周りより出来が悪くて、能力が劣っている。
それは自分の責任だと思っていましたから。

皆さんもどうか自分の心に注意してください。
「自分が二人いる」と感じている人は私と同じレベルまできてしまいますよ?

具体的にいうと、例えば心の中に自分が二人居るとします。

自分Aは「辛い、しんどい」と言うんです。

しかしそんな自分Aに対して

自分Bが「まだやれるだろ、頑張れよ。もっとやれるだろ。」と無理を強いるのです。

あくまで上記の自分Aと自分Bの会話は心の中の会話ですよ。
そして、自分Aは「わかった………頑張る………しんどいけど」
と無理をするのが常習的になっていくのです。

結果どうなるかというと、

「俺は仕事が出来ないダメなやつだ」

と自分で自分を追い込むようになるんです。
今回の入院でわかったのは、私はまるっきり上記に当てはまる行動をしていました。

無理をするのが当たり前で、無理をしたがゆえに仕事の成果が出せず、自分を責めて、更に自分を追い込む。
これのサイクルが出来上がっていました。

この投稿で皆さんにお伝えしたいのは、

てんかんとうつは割りと密接に関わってる」ということです。

本日は久しぶりの投稿となりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

てんかんの布教………?

デデーン!!………(´・ω・`)大佐です。

まずこの投稿をご覧くださってありがとうございます!
そして私、大佐はとある決意をしました。


「そうだ、てんかんを布教しよう。」


ということです。
なぜこんな発想に至ったのかと言いますと、
私はfacebookTwitterも活用しているのですが自身が「てんかん」であると公表して過ごしてみたらビックリするほど仲間がいたんですね~。

んで、やっぱり皆似たような思いを持ってるんですよね。

てんかんに対してのイメージが悪い」

これですね。
私達てんかん患者はどんなイメージを持たれているのか?

「いきなり泡吹いてぶっ倒れる病気」
「意識失って車で事故る病気」
「なんかボーッとしてたりすること多いよね」
「挙動不審」

私が健常者の方から直接聞き取りしてみて得たイメージがこんな感じでした。
正直腹立ちましたね。
無知も大概にしろとぶちギレたくなりました。

が!!

あえて、「てんかん患者がてんかんを広めていく」という行動をしたら割りと説得力あるかも?
と思ったりしました。

それが今回のタイトルである「てんかんの布教」ですね。

具体的にお話ししますと、
てんかんがどういう病気なのか
どういうメカニズムで発作が起きているのか
発作時の対処法
てんかんになる原因
治療法について
投薬治療で発作が抑えられない方へのガイドライン
外科的治療の適応がなかった方へのガイドライン
日常生活への影響などなど

こういった事を発信していきたいなと考えています。
私は幸運にも外科的治療(手術)の適応あったので手術出来ました。
なので「手術した人」として体験談をお伝えすることが出来ます。

いい加減てんかんを世に知らしめようぜ!
ってことですね。

今回はこんなとこです。
またの投稿でお逢いしましょう!
最後まで読んでくださってありがとうございました!

体調不良について………(´・ω・`)

大佐です。

まず、投稿をご覧くださった事にお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

そして、ここのところ投稿が不定期になっていた事に関して、深くお詫び申し上げます。

ほんとに申し訳ありません。

以前の記事でチラッと言いましたが、

「体調不良で撃沈してました」

というのが最大の言い訳です。
私自身、偉そうにボーダーラインを決めるんだなんだと言っておりましたが、

「実際はそのボーダーラインを遥かに超えて無理をして仕事をしていました。」

何故かと言いますと、そうでもしないと周りの健常者達は自分の事を認めてくれないと思っているからです。
無理をして、頑張った先にあるのは「苦痛のみ」と解っているのにそれでも周囲の評価が怖くて怖くて仕方なくて無理をしてしまうのです。

その結果が痛み止めも効かない頭痛、吐き気です。
頭痛は毎日のように起こるので痛み止めを飲み続けて会社で仕事をしていました。
例え腎機能に影響が出るとわかっていても………。

「誰かに頼る」ということを「誰かに迷惑をかける」と認識してしまう自分がいるのです。
「自分で出来ない」というのは「己の能力が足りないせいだ」と思い込んでしまう自分がいます。

なら「出来るためにはどうしたらいい?」と考えて浮かんだ答えが「無理をしろ」という物でした。
例え心が壊れても、身体が壊れても、構わないから他人に迷惑をかけるな。と己に強く言い聞かせて居ました。

結果、この様です。

以前の記事で手術のメリット、デメリットをお話ししましたね。
また今度、私の体験談を交えて詳しくお伝えします。
今回の投稿で伝えたいのはデメリットの部分です。

あくまでも大佐個人の症状なので皆が皆、同じ状況になるわけではありませんよ。

「幸運にも手術の適応があり、リスクもさほどなく、無事に手術成功という形で退院した人」

これが他のてんかん患者の方から見た大佐だと思います。
しかし、幸運にも手術を受けられたからこそ、そして職場復帰できたからこそ、この投稿をご覧の方々に心から伝えたい!

「主治医の言うことはしっかり聞いとけ!」

長くなってしまったのでここまでにしましょう。
支離滅裂になってしまっていますがご容赦下さい。

ボーダーラインの決め方

たったったったった………大佐でぇーーーす!

今回のテーマは『ボーダーラインの決め方』です。

この投稿をご覧の方々の中には、
「ご自身がてんかんだよ」という方、
「身内の方がてんかんだよ」という方、
てんかん?なにそれ、おいしいの?」という方、
それぞれいらっしゃると思います。

まず「ボーダーライン」とは何か?
分かりやすくイメージしてもらうために大佐の日常をお話しします。

私は2016年の5月25日、静岡てんかん神経医療センターにて、「右海馬全てと扁桃体の一部」を切除しました。
何故なら私は、薬を飲み続けても発作を抑えられなかったからです。
頻度としては「月に1回」のペースでてんかん発作が起きていました。


この「薬で発作が抑えられない」と言うところがとても大事です。


日常生活で突然てんかん発作が起きてしまうのを、抑制するのが抗てんかん薬です。
しかし薬を2ヶ月、3ヶ月飲んでいて
発作が抑えられない、発作が毎日のように起こる、前兆が1日に何度も起こる、身体のどっかしらがピクピクしてる、などなど………

思い当たる節はありましたか?
ご家族にてんかんを患う方がいらっしゃる場合は、時々質問してみましょう。

術後は幸いにも発作が起こる事はなく無事に過ごしてはいます。

が!

しょちゅう体調を崩しています。

これが「術後のメリット、デメリット」です。

てんかん発作自体は起きてない。けど偏頭痛や職場復帰に伴う精神的疲労、
そして何よりも「身体がついていかない」
まぁほんとにこれはしんどい。

てんかん病院の主治医が言っていたことですが、

「麻酔で意識がなくて気付いたら手術が終わっていた。という状況だったかもしれないけど、実際は9時間以上も手術を受けていたんだよ。認識としては寝ていただけと思うかもしれないけど実際にかかっている負荷は凄まじいものだからね。」

と言われました。
言われたときは「ふーん」(・ω・`)
程度くらいの認識でしたよ。
いざ職場復帰してみたら主治医の言葉の意味がよーく分かりました。

そこで今回のテーマの「ボーダーライン」です。
「頭痛が酷くなったら一時休ませて貰おう」というのは私が会社で最近になってようやく決めたボーダーラインです。

自分の限界までやったところで誉めてくれる人なんて居ないんですよ。
昭和じゃあるまいし………(´・ω・`)
うちの会社にもいますよ?そんな人………俺に「会社辞めりん!」っていうんですよ。

ボーダーラインを決めて自己管理出来るようになるだけでも心に余裕ができますよ。
なので「ここまできたらNG」というのを決めておきましょう。

今回はここまでです。本日もご覧くださってありがとうございました。

手術って最終手段………だと!?

あーい!大佐でございます。

言い訳はしません。

「体調不良で撃沈してました」

以上です。
詳しい事は後の記事にしようとおもっていますが、今はこの投稿をご覧の方々に

てんかんの治療について」知っていただこうとおもいます。

てんかん治療で手術を検討するのはどんな時?


患者さんの中には、最初から「手術で治して欲しい」とおっしゃる方もいます。
しかし、手術ではメリットもデメリットもありますから、まずは薬物治療が最優先です。

薬で治療しても1年以内に発作が抑制される見込みのない方の場合に限って、外科治療を検討するのが普通です。

ただし乳幼児の重症てんかんの場合、手術のタイミングが遅れると精神発達遅滞の問題があるので、緊急、もしくはなるべく早い手術治療を検討すべきというケースもあります。
早めの外科治療を願う方がいる一方で、むしろ大きな問題となっているのは、

「手術はあくまでも最終手段」

と考える医師がいることです。
かつては「2年2剤で外科治療を」という言葉がありました。

適切な治療薬を適切に使用して2年たっても発作が消えない場合に手術を検討する、という意味ですが、実際には何種類もの薬を組み合わせて試しているうちに、手術にたどり着くのが10〜20年後になってしまうことがよくありました。
最近では「1年2剤」で効果が見られなければ専門施設で手術を検討すべき、と言われています。
たとえ手術にならなくても、1年2剤の段階で精密検査を受けることはその後の治療に大きな意味をもつからです。


大佐自身はてんかんを発病してから13年になります。
つまり13年間服薬を続いている訳ですが、
高校生の頃は発作が「年に1回」とか、社会人になってからは無発作の時期もありました。
しかし2015年の9月を境に発作が「月に1回」になってしまったわけで、勿論薬の量を増やしたり、薬の種類を変えたりしました。

が!

「発作が抑えられない」

ということで、静岡てんかん神経医療センターへいき、精密検査を受けて、手術の適応が有ることが判ったので………

「よし、やるべ」

となったわけです。
長くなってしまったのでここで一旦切りましょうか。
次回は最近の私の身に起こった事をかいていきます。